事例いろいろ

AH様邸☆単世帯より安い光熱費。体への負担も軽減

所在地
神奈川県
家族構成
両親+夫婦+子供2人
延べ床面積
120.92㎡
工法
外張り断熱 トリプルエアサイクル工法(APS)
●木をたくさん使ったナチュラルな感じ
●断熱材
●自然素材で無垢の床
●高いグレードの標準仕様
●コスト面
●自然の力で冬暖かく夏涼しい(電気代がかからない)

○AH様の声○
今まではアパートに住んでいたが、2人目が生まれた際に実家で二世帯新築を考えました。
理由は、家賃がもったいないことと、安心して暮らせるから。
「電気を使わずに、暖かく、夏涼しい家」を探していたら三陽工務店を紹介されました。

エアサイクルの性能(自然の力で冬暖かく夏涼しい)と水回りの標準仕様のグレードがよかったことが決め手です。

セミナーでは荻沼社長が学校の先生のように分かりやすく教えてくれ、さらに質問にしっかりと答えてくれました。
専門知識が豊富で「あいまいなところがなく、即答」。それが安心感につながりましたね。

〇子世帯リビング〇
2階部分を使用。
2階リビングのため、日当たりはバツグン。
ブラインドを開けしっかり太陽の暖かさを取り込むと、
午後4時くらいまでは暖房要らずで暖かい!
無垢床なので床に座り込んで遊んでます。
朝は、部屋が温まるまで2時間程度つけるだけ。

対面式のキッチンで、子供の遊んでいる様子が
わかって安心。
子供部屋への出入りは必ずLDKを通るよう
設計しているのでそこもわかりやすくて安心。

音もすごい静か。窓をたくさんつけて風通しにこだわりました。

いろんなところに収納をつけたおかげでリビングがスッキリ。
「2階からの眺めがいいと両親から聞いていたので、景色が楽しめるように横長の大きな窓を設置してもらいました」


〇親世帯〇
1階部分を使用。
今の時期に帰ってきて、家の玄関を開けると
ほんのり暖かい。それが驚きでした。(撮影時2月)
以前の家では、少しでもリビングのドアが開いていると
暖房が逃げていくのがわかったが、
今では部屋ごとの温度差が少なく、暖かさが持続。
気密性を実感しています。

以前の家では、夜ベッドで本を読んでいると
手が冷たくなっていたのだが、今の家ではそれがない。

2世帯で暮らしていても、前の家の1世帯分よりも電気代が安くなり、体への負担も軽減していることを実感しています。

約13畳の広さがありますが、今まで使っていた6畳用のエアコンでも十分。しかも、ほんの数時間運転するだけで快適に。


子ども部屋は、ロフトへの階段をかけっぱなしに
しているので子供の遊び場になっています。

子ども部屋を大きく取るより、LDKを大きく取った方が
家族が集まる家になると聞き、参考にしました。

「将来部屋を仕切れるよう工夫しています」


上下階で分けた外壁がアクセント。
「1階部分は濃茶で縦目地に、2階部分はベージュで
横目地に。縦目地は工事が難しいとのことでしたが、
丁寧に仕上げてもらいました」

玄関に入った途端、目に入る木目が
温かな雰囲気を醸し出しています。
玄関は2世帯共用。




●間取り(1階:18.5坪 2階:18坪 延床面積36.5坪)





モデルハウス公開中


資料請求
HOME / 家づくりの想い / みんなのスマートハウス / 事例いろいろ / よくあるご質問 / 交通アクセス / 私たちのこと
前の物件
次の物件
PAGETOP