• TOP
  • >
  • 会社概要

会社概要

 
 

代表挨拶


相模原市で創業53年を迎えることが出来ました。誠にありがとうございます。
弊社は、今年で地元相模原市にて53周年を迎えることができました。多くのお客様・ハウスメーカー様に支えられて発展してきたこと深く感謝申し上げます。ありがとうございます。自社独自の仕入れと自社配達。設計事務所としての総合建築設計と自社施工をおこなう総合ビルダーです。数千棟の施工実績と経験でお客様のご要望に的確にご対応させて頂いております。現在、設計士4名、現場管理2名、コーディネーター3名、経験・知識ともに豊かな営業マン4名により年間40棟前後の注文住宅建築をはじめ、建売建築・集合住宅・リフォーム工事(木造・マンション共)等、豊富な施工実績を積み上げてまいりました。小人数ではありますが、一人一人のスキルの向上とプロとしての責任を果たす高い意識のもと家づくりに臨んでおります。お客様には今後とも感動を提供できるよう、常にサービスの改善に取り組むとともに、当社の長期安定的な成長と発展を遂げてまいる所存です。今後ともより一層のご理解、ご支援を賜りますようお願い申し上げます。
CEO 荻沼康之

会社概要

社名

有限会社 三陽工務店 (屋号:ソーラースマートグリッドホーム®)

事業内容

総合建築業

本社

〒252-0304
神奈川県相模原市南区旭町11番8号
電話:042-742-0293
FAX:042-745-0485

建築業許可

神奈川県知事許可 (搬-23)第1231 建築工事業

設立

1968年12月18日

資本金

5000万円

役員

代表取締役社長 荻沼 康之

取得資格
■JBNインスペクター登録証(一般社団法人工務店サポートセンター)
■木造軸組工法による耐火建築物設計マニュアル講習会 修了証(一般社団法人日本木造住宅産業協会)
■住宅省エネルギー技術者講習地域リーダー講習修了証(一般社団法人木を活かす建築推進協議会)

加盟団体

JIO 日本住宅保証検査機構/財団法人 住宅保証機構

沿革

昭和27年1月4日

創業

昭和43年12月18日

有限会社 三陽工務店に組織変更(資本金100万円)

昭和47年6月3日

資本金を300万円に増資

昭和47年10月16日

建設業許可取得 神奈川県知事許可第1231号 一般 建築工事業

平成22年1月26日

資本金を5000万円に増資

SANYOU紹介

大切な家族が暮らす家は、なるべく自然なものでつくりたい。


ソーラースマートグリッドホーム®の創る住宅

自然エネルギーを上手に活用する独自の技術と思想で、室内を快適な温度に保ち、結露を防止しカビを抑制する、住む人にも地球にもやさしい住宅です。大量生産は出来ませんが、一棟一棟熟練の大工さんが丹念に作り上げます。 住宅性能の評価方法を表示する性能評価基準では、長期優良住宅を基準とした最高等級の温熱等級(※平成27年4月より新しい評価基準に変わりました)及び耐震等級をクリア。 さらに、長期優良住宅として申請し第三者のお墨付きをいただいております。 


高気密・高断熱住宅

闇雲にQ値(熱損失係数)やC値(気密係数)等の数値を追いかけるのではなく、その家に住む人が「快適で住みやすい」と言って頂ける家を評価の基準として、より快適な住宅づくりを目指しております。 つまり、夏はエアコンの使用が非常に少なく、冬は小さな熱源だけで家全体が温まる仕組みの住宅。元来日本人は、夏は窓を開け風通しをよくする事で暑さをやわらげ、冬は囲炉裏を囲い小さな熱源と衣服の工夫で寒さをしのぐ家屋に住む民族でした。現代は、住宅の快適を支える機器(夏はエアコン・冬は暖房器具等)の進化で、効率よく快適を得ることができますが、「基本性能が高い住宅」であれば、夏はエアコン要らず、冬は小さな熱源だけで快適に過ごせる温熱環境をつくることができるはずと考え、実践して建築しております。


安心安全・省エネ住宅

自然エネルギーを活用した「小さなエネルギーを有効に活用する自然共生パッシブ住宅」をベースに省エネ技術を加えた、安心安全・省エネ住宅を創っております。
※パッシブ…建物の構造や、材料などの工夫によって空気の流れを制御し快適な室内環境を作り出す建築手法。エアコンなどの使用を必要最小限におさえることができます


独創的な断熱(エアフロー)ライン

他社には無い、独創的な断熱(エアフロー)ラインと排熱・蓄熱層を切り替えながら自然のエネルギーを有効に活用。専用設計したHEMS(ホームエネルギーマネージメントシステム・消費電力の見える化)により消費量を認識することで無駄を省き、便利で快適に安心して暮らせる「木で創るスマートハウス」
→スマートハウスとは? 
人が住むものだから、触れるものはなるべく自然なもので作りたい。便利で快適な日常を支える安心は、長く住んでもかわらないもので作りたいと願っております。


本当にいい家をつくりましょう

自然エネルギーを活用し、夏は排熱システムによりエアコン要らず。冬は蓄熱モードでポットのような断熱層を形成し熱損失を抑えます。